[丸井通信] 今年の吉方位について(後編)


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

丸井章夫 [丸井通信]  2018.2.6  発行号

『 今年の吉方位について(後編)  』

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


皆さん、いつもお読み頂きありがとうございます。

「2018年大開運セミナー 〜問題解決ぶったぎりセミナー〜」

(参加者全員の悩みを解決し見事に願い事を叶えるきっかけにするセミナー)を

2月27日(火)19時〜ウィンクあいち10階(1009号室)で開催決定です。

明日から申し込みをはじめます。楽しみにしていてくださいね!


(鑑定情報)

現在、「3月末日」までの鑑定の予約が可能です。

自動鑑定予約システム⇒ https://apsrv.net/resv/maruchan/

通信鑑定のお申し込みはこちらからお願いします!

⇒ http://www.solabs.net/menu/index.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私も、Facebook やっています。
良かったら、友達申請・フォローしてください!
(友達申請の場合は、一言メッセージをお願いします。)
https://www.facebook.com/marui.akio
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 今年の方位について(後編)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年度の方位、年間ベースでは

九星別の吉方位につきましては以下のようになっています。


一白水星・・・東北60度、西30度、西南60度

二黒土星・・・西南60度

三碧木星・・・西北60度

四緑木星・・・西北60度

五黄土星・・・西南60度、東30度、西30度

六白金星・・・東30度、西30度、西北60度

七赤金星・・・西北60度、西南60度

八白土星・・・西南60度、東30度、西30度

九紫火星・・・東北60度、西30度


恋愛は吉方位の場合、西30度がお勧めです。

いろいろなことを変えたい方は吉方位なら東北60度がお勧めです。

上司の引立てが欲しい方は吉方位なら西北60度がお勧めです。


より具体的に、何月にどの方位が良いのかは

私の「手相で見抜く!成功する人、そうでもない人」に

詳しく書きましたので、そちらでご確認くださいませ。

⇒ http://amzn.to/1CQW6Jn


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 六白金星生まれの皆さん、今年は復活します!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年末から全ての九星の中で圧倒的に「六白金星」の皆さんが私の鑑定に

いらっしゃる理由・・・

知りたくないですか?!

知りたいですよね〜!


その理由は「昨年(2017年)は六白金星生まれの方がとてもしんどい時期」

だったからです。


お客様はそれらを乗り越えたいと思って私のところに相談にいらっしゃるのです。


そういう星回りというものはあるもので、本日の鑑定の方も、

とにかく六白金星の方が多くいらっしゃり

割とディープな相談を受けます。


それも中国式の占いでは、2月15日でその苦労も終わりを告げます。

日本では節分、立春でいよいよ、六白金星の皆さんの厄が明けました。


実は私の妹も六白金星生まれで昨年はいろいろと大変でしたが

今年は幸せが多い一年になりますので、是非、幸せになってくださいね!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 2018年度単年度詳細占い、オフィスにいらっしゃれない方向け企画!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何にしても「先」に知っておくのが勝利の掟です。

先に起きることが分かっていれば対策が打てますので、

今までも単年度詳細占いが、まさに転ばぬ先の杖になってくれて

毎年、大好評なのです。

私も昨年、自分自身を予測していたからこそ、上手に一年を過ごすことが

出来ました。

いわゆるその一年の青写真を事前に知る機会が私の「単年度詳細占い」の

とても良いところなのですね。

そのような占いの仕方はこうします。優れた占いを何種類も使って

2018年の詳細を導き出すのです。


さて、今まで遠方で私の鑑定オフィスにいらっしゃれない方にも

是非、この単年度詳細占いを活用していただきたい!と思いまして

私も考えに考えました!


そして、「生年月日、出生時刻、生まれた都道府県」の全てが分かる方

対象で、ご希望の方に音声ファイルに、「2018年単年度詳細占い」の結果を

録音して、お送りするという方法を思いつきました。


録音された音声ファイルですので、何度でも聴くことが出来ますので

とても重宝すると思います。

通常の単年度詳細占いは45分で15000円ですが

今回の企画は 1万円 にします。

音声の収録時間はおそらくですが、15分程度になるかと思います。


申し込み方法は「単年度音声希望」という件名で、メールの本文に

「お名前・生年月日、出生時刻、生まれた都道府県 特に聞きたいこと

 その他、何でも質問」を書いて、このメルマガに返信か

 info@heartland-palmistry.com まで送信してください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私が4万人近くの方をセッションして分かったのは、

ほとんど全ての方が、自分の強みを理解できない、ということです。


なぜ、自分の強みを発見出来づらいかと言いますと

分かりやすく言えば、自分の表現する言葉、行動、嗜好など、「当たり前過ぎて」、

意識できないから、自分の本当の良さを気がつけないのですね。


自分の強みや自分の良さを、いったい、誰がわざわざ指摘してくれるでしょうか。

そんなことをしてくれる人が近くにいたら、絶対に感謝しなきゃいけないです。


だって、何の得にもならないのに、良いところを気付かせてくれることをしてくれるわけだから。

普通はそのようなことをしてくれる方は少ないですよね。


だからこそ、私は人生に悩んだ時がそれに気づく最高のチャンスだと事あるごとに
言い続けています。

人生の壁にぶちあたったら、出来るだけ信頼できる人に、自分とは何者か、
相談したら良いと思います。


それで、どのようにしたら、自分の強みを知ることが出来るかと言いますと

出来るだけ多くの方と出会うと、相対的に自分の立ち位置が見えてきて

次第に「自分の強み」が見えてくるようになります。


また、人ではないですが、読書を乱読すると、次第に「自分の強み」が

見えてくるようになります。


自分の好き、嫌い、など比較材料が増えてくると次第に分かってくるわけです。


と言いつつも、自分を知ることは難しい、ということは充分に分かっていて

これを書いているのも事実で、私自身、実のところ、先日、ある編集者の方に

「それが丸井さんのコアな部分ですよ!」と言われたばかりです(苦笑)


なお、私のセッションでは、率直にみなさんの良いところをお話させて

いただきますので、特にお聴きになりたい方は「私の強みって何ですか?」と

私に直接、セッション中に質問してみてください。お答えしますよ!


P.S.

数日前のメルマガで「2月は激動!」ということを書きましたが、

まさにそのようになってきました。アメリカ、日本の経済もこの2日で株価大暴落でした。

実はオリンピック開催中に大変化が起こります。これが決定打になります。

その後は「大予言セミナー」で言及した通りです。





■■ ご確認クリックのお願い

大変恐縮ですが、読んだら、『読みました〜』と意思表示がほしいです!

(モチベーションが相当に上がります♪)


0.1秒で終わるので、クリックお願いします。


⇒ http://clap.mag2.com/rachouphup


また、ワンクリック後に表示されるコメント欄にも

お声をいただけるととても嬉しく励みになります!!




(鑑定情報)

現在、「3月末日」までの鑑定の予約が可能です。

ご予約はこちらからが便利です!

自動鑑定予約システム⇒ https://apsrv.net/resv/maruchan/


お店の住所は以下の通りです。


名古屋市中区千代田3−22−17 一光ハイツ記念橋 1F


事務局の電話番号は 052−715−8520 です。

よろしくお願いします!


ご縁がある限り、運がよくなる方法(開運)の

最短の方法をこれからも真剣に書いていきます。

今回も最後まで長い文章を読んで頂いて

本当に有難うございました!!



■メールポリシー

頂いた感想や質問等は、予告なく各種媒体で

引用させて頂くことがありますのでご了解下さい。

なお、掲載の場合もお名前はイニシャルですのでご安心ください。



■発行責任者 丸井章夫

名古屋市中区千代田3−22−17 一光ハイツ記念橋105号室

mail info@heartland-palmistry.com

URL http://heartland-palmistry.com/


以下のフォームより解除できます。

****