予定調和の世界に惹かれる手相家 2013/12/24

窓際に置いてある霧吹き

 

今日は手相のお話から少し離れたお話になるかもしれません。

美しいものを見て感動して、美しい音楽を聴いて感動することは大切で日々の生活の疲れを癒します。

「真善美」といいますが、人類が重ねてきた歴史の中で、素晴らしいものは評価をされて、その価値を高めて永遠に人々の心に残っていきます。

これから人類がどこまで続いていくか分かりませんが、もし100年、200年、300年・・・と、永遠に近い形で続いていくならば、その間にどれほどの素晴らしい書物が生まれ、どれだけの素晴らしい音楽が生まれて、また、どれほどの素晴らしい生きざまをする人々が出てくるのかと興味は尽きません。

人の人生であっても、素晴らしい人生を送った方は伝記にまでなるわけで、後世の人がどれだけ、先人の高貴な生きざまを知って、勇気づけられるか、そんなことを、この12月に入って、ずっと考えていました。

この12月に入ってずっとあることに集中していたのですが、その中で、時折、気分転換をしないと、この先が進まないな、と思って、傑作と言われる映画や音楽にどっぷり浸かることもありました。

多忙の中、少しだけですが旅行にも出掛けてきました。急がば回れです。(でも、頭の中は、あることを完成させることの一点だけでしたが・・・)

それで、結果、沢山のヒントを得ることが出来ました。

音楽でいえば、通常、ロックにしてもポップ・ソングにしても、A、B、A、B、C、それで場合によってはその後にDという極めて単純な構造なのですが、これが耳触りが良いという感覚を発生させてくれます。

それでも時々、A、B、C、D、A、B、C、Dとメロディが変化し続けて、本当に綺麗で予定調和の世界をみせてくれる曲に出会ったりして、非常に感動して感銘を受けることがあります。

この「予定調和の世界」というのは、私は非常に強く惹かれるところで、手相も流年法がその個人の運命の予定調和の世界に招き入れてくれます。

だからというわけではありませんが、手相には長年、情熱を傾けてこれたような気がしてなりません。

また、A、B、C、D、A、B、C、Dとメロディが変化し続けるように、

私も来年1月から、少し変化をしていきたいと思って、様々、準備をしています。

来月には、みなさんにいろいろとお知らせをすることができると思います。

新しい世界を提供できるように頑張りたいです。

ちなみにA、B、C、D、A、B、C、Dとメロディが変化し続ける稀有な曲は最近ではこんな素晴らしい曲があります。

U2のギタリストのエッジもこの曲が
「名曲だと思う。アルバムを代表する曲といってもおかしくないんじゃないかな。」
「なんてすごいものを作ってしまったんだろうって、頭にあるのはそればっかりで」
とインタビューで答えていました。

「Original of the Species」



「椿屋四重奏」が大好きです

既に解散したバンドではありますが、ずっと聴き続けたいな!と思っているのが椿屋四重奏です。

目下のところは、「流星群」リピートしてます。

http://www.youtube.com/watch?v=zRS6zQQXpMQ

情熱的で曲の展開がドラマチックなら、誰の音楽でも聴いてみたいです。

そういう音楽がありましたら、ぜひ、僕にも教えてくださいね♪秋の夜長は音楽、いいですね~!

流星群 / 椿屋四重奏
2010年8月4日発売のアルバム 「孤独のカンパネラを鳴らせ」より



広島・長崎、そしてフクシマ、そして●● そうならないように・・・20120806

本日は少しシリアスな内容です。新垣さんの美声をBGMでぜひお読みください。

大前研一さんがこう述べています。


※SAPIO2012年8月1・8日号より

「原発事故は人災だった──

国会の事故調査委員会(黒川清委員長)の最終報告では、

事故発生後の政府・東電の危機対応の問題点に注目が集まった。

だが、より本質的な事故原因についての技術的な検証はほとんどなされず

その代わりに「日本人の国民性」が事故を拡大させたとする国際世論を惹起するに至った。


 元原子炉設計者である大前研一氏が、今月発売予定の新刊『原発再稼働「最後の条件」』
(小学館刊)での検証などをもとに、その的外れぶりを指摘する。

 * * *
 東京電力福島第一原発事故を検証していた国会の事故調査委員会が報告書を発表した。

 しかし、その結論は、当時の菅直人首相と官邸の「過剰介入」が現場の混乱や

 対応の遅れを引き起こして被害を拡大した点を強調し、原子力ムラの行きすぎた

 内部論理が引き起こした人災であるなどとする、的外れなものだった。

 そもそも、なぜ何重もの安全技術で守られていたはずの原発が今回のような

 事故に至ったのかという技術的・根本的な検証こそが事故調査の第一義であり、

 単なる“犯人捜し”で終わっては意味がない。

 この国会事故調の報告書が世界中に撒き散らした誤解は取り返しがつかないほど深刻なものである。

 菅首相の事故対応能力や官邸の危機管理体制がお粗末で初動が遅れたのは確かだが、

 今回のような国民の安全にかかわる過酷事故の状況下で最終的な判断を下して責任を負うべきは、

 東京電力でも経済産業省の原子力安全・保安院でもなく、

 明らかに首相と原子力安全委員会(班目〈まだらめ〉春樹委員長)である。


 なぜなら、福島第一原発事故は、発生当初から民間企業の東京電力の範疇を超えていたし、

 原子力を推進する立場の原子力安全・保安院が仕切るべきケースでもなかったからだ。

 一方、原子力安全委員会は内閣府の審議会のひとつで、経産省などから独立した

 中立的な立場で国による安全規制についての基本的な考え方を決定し、

 行政機関や事業者を指導する役割を担っている。

 このため、首相を通じた関係行政機関への勧告権など、

 通常の審議会にはない強い権限を持っている。

 つまり、今回のような事態では、原子力安全委員会の専門的な見解に

 基づいて首相が指揮を執るのが、本来のルールなのだ。


 ということは、もし菅首相が“素人の判断”で過剰介入したとするなら、首

 相に正しいアドバイスができなかった原子力安全委員会に問題があったわけで、

 介入自体に問題があったわけではない。

 さらに言えば、正しいアドバイスができていれば、もっと首相が

 介入していなければならなかった。こ

 の点が国会事故調の最大の勘違いだと思う。


 とはいえ、今さら国会事故調に指摘されるまでもなく、

 菅首相をはじめとする民主党政府に全く危機管理能力がなかったことは、

 福島第一原発事故の直後から明らかだった。メルトダウン(炉心溶融)を

 2か月も隠して国民に嘘をつき続け、

 根拠もなく広い区域に避難指示を出して損害賠償額を膨大なものにした。

 溶けた燃料が圧力容器を突き抜けて格納容器の底に溜まった福島第一原発の

 原子炉の惨状は、まさに民主党政府の象徴だ。

 つまり、日本の中枢がメルトダウンしたのである。

 その結果、今日の最悪の状況になったのに、未だに誰1人として責任を取っていないし、
 処罰もされていない。


 こんな国は世界のどこにもない。

 過酷事故が起きても責任者を特定できないところに日本の問題がある。

 政府は責任を曖昧にしたままで、

 国民は怒りの矛先を、原発そのものに向けている。それは違うだろう、と私は思う。」



読者のみなさん、この大前さんの意見にどう思われますか?

私はすごく全うなお話と受け止めています。



私は日本がこのまま変わらなければ、広島・長崎と2回原爆が落とされたように

福島・そして●●と2回、大きな原発事故を起こすような気がしてなりません。


●●は未来のことですので分かりませんが、

もし神なるものが存在していたら、鉄槌をわが国に与えると思います。

なぜかというと、政治家が責任を回避して、誰も責任をとらないから。

責任をとらないのなら、全員に責任を与えましょう、みたいな論理で

再度の原発事故があってもおかしくないのではないでしょうか?


私は日本は再度、大きな原発事故を起こして初めて

原発を本気でやめようと全体が思うのではないかと思っています。

というか辞めるしか選択がない状態になるのではないかと思うのです。


私は福島第1の4号機でありそうな予感がしていて、怖いのですが

大飯原発だって稼働しているわけですから可能性はあります。

どちらでも相当な被害が予想されます。


実はこれらのことは多くのサイキックも指摘しています。



過去に阪神大震災が起こった時は自民党政権でなく

今回の東日本大震災も自民党政権ではありませんでした。


政治が劣化している時に大きな災害が起きている現実を考えると

早く総選挙を行って、またいつ起こるとも知れね

大災害を起こさないようになって欲しいのです。


もう今後は民主党は政権を運営することはないと思いますが

本当に負の遺産だけ残してくれた感じです。


ちまたでいわれている「2012年」アセンションの年。

もう今年も8月まで来ました。

今まではとりあえず危機は起こりませんでしたが

9月、10月、11月、12月とあと4ヶ月残っています。


私たちが政治を変えることができるチャンスは

次回の選挙しか直接的にはありません。


ならば、その時にどんな行動をするのかだけは

私たちは決めておく必要があると思うのです。


第2の原発事故だけは起こさないと、私たちだけでも本気で思うべきですし

この国を守っていくんだという気概は持ち続けたいものです。



U2の新曲、聴き比べ 2010/09/23

私はこの手相ブログの他に、アメブロやミクシィを好んで更新しています。

読者の皆さんとのコメントを通じての交流が楽しいんですよね!

ミクシィの日記では「韓国ドラマ」のお勧めをマイミクの皆さんにお聞きしたら、とても多くのお勧めドラマを紹介してもらいましたわーい(嬉しい顔)

ありがとうございましたexclamation ×2

それで今回もすご~く気になっていることを教えてもらえたら、とっても嬉しいです。

未発表の新曲をライブでバンバン演奏するバンドってありますか?

私はロックバンドのU2が好きなことは皆さん知っているかもしれませんが、現在彼らが行っているツアーで、未発表の新曲を5曲も演奏しているので正直、ビックリしているんです。

適当な新曲ではなく、真面目に素晴しい曲ばかりです。

 

例えばこのMercy。

 

U2史上、未発表の新曲を5曲も演奏するなんてこんなことは初めてだと思います。

みなさん、未発表の新曲をライブでバンバン演奏するバンド、知っていたら是非、教えてくださいませわーい(嬉しい顔) 
 
なお、この新曲は実は2004年の段階で流出していました。聞き比べてみますか?

上の今回のライブのほうがコンパクトでシングルで行けそうな気配です。

 

なお、最近のWENNの実施した最も理想的なセレブの生き方でもU2のBONOが上位に選出されています。

「最も理想的な生き方をしているセレブリティ」ランキングで米女優アンジェリーナ・ジョリーさんが43%の得票数を得て首位になっています。

同調査はWENNが実施した「最も理想的なセレブリティのロールモデル」を選ぶオンラインアンケート。

その結果、アンジェリーナ・ジョリーさんが1位、

国連平和大使としても活動する米俳優ジョージ・クルーニーさんが2位(23%)、

米歌手マイリー・サイラスさんが3位(15%)だった。

4位はU2のボノさん、5位は米ロック・バンドのジョナス・ブラザーズだった。 

 



沖縄の興南高校の島袋投手は200球も投げ込んでいた! 2010/08/26

先般、甲子園の優勝監督の言葉を書きました。

その続きです。

今年、甲子園で春夏連覇の沖縄県は興南高校の島袋投手は連日200球もの投げ込みをしていたそうです。

彼は地肩も強いんでしょうけど優勝するためにそこまでしていたのかというのが率直な感想です。

まだ18歳の若者に また人生を教えてもらった気分になりました。

結局、一番努力する人に運命の女神は微笑むのでしょう。

 

そういえば、本日、26歳の男性が手相鑑定にいらっしゃって開口一番、何をおっしゃったかというと

「去年、手相をまるちゃんから受けたら、全てその通りになりました!」ということでした。

具体的には、「会社内で異動がある」、「しばらくしてから多忙になる」、「旅行後に開運する」といったことを私は1年前の鑑定で言っていたそうです。

その通りになったということでその感謝と、これから進むべき道を再度、アドバイスしてください!ということで私の鑑定にいらっしゃったのでした。

みなさんは会社の異動が手相で本当に分かるのか?!と思われるかもしれませんね。

このあたりも手相の面白さというか醍醐味だと私は思っています。

 

ちなみに、私は現在38歳ですが、私が50歳を過ぎたら、手相書の決定版を出版したいと考えています。

それまで、お楽しみに~。

まぁ、私が50歳になる頃、こんなことを書いたこともみなさんは覚えていないと思いますが(笑)

50歳までに何冊、本が書けるか分かりませんが、本当に世の中に役に立つ本を書きたいですね。

 

今日は最後にここ連日、聴き入っているCoccoの最新アルバム「エメラルド」から1曲紹介したいと思います。

今年の夏は音楽と韓国ドラマに本格的にはまっていますね~!

まさか、韓国ドラマがここまで面白いとは知りませんでした。

明日から「風の国」を見たいと思っています。これは昨年の韓国が日本に輸出したドラマ収益で3位のドラマで主演はソン・イルグクです。今や韓国を代表するスターになった彼の演技や表情は最高だと思います。

子供の夏休みももう終わりかと思うと、少し寂しい気分になる今日この頃でした。



ハワイの皆様、今後とも宜しくお願いします! 2010/06/21 

アメブロで人気ブログランキングで「占い」「ハワイ」ともに1位になっています。

総合でも数万人いる中で34位まで上昇してきました!

「ハワイ」は私の木星ラインが通る大吉の場所ということで登録させて頂いております。

せっかくの縁ですのでハワイネタも書こうと思うのですが占いネタばっかりでハワイランキングで上位にきたいかたに私がずっと1位では申し訳ないと思ったんですよね。

というわけで 明日から「癒し」にジャンルを変更します。

ハワイの皆様 今まで有難うございました。

これからもぜひご訪問ください。

通信鑑定はハワイ在住のお客様が多いです。

国内だけで考えずにワ-ルドワイドで頑張っていきたいと思います。

今朝は朝8時~スカイプで手相鑑定を行ってから、大須鑑定オフィスへ移動。

通信鑑定も夜よりも朝のほうがコンディションいいですね( ̄▽+ ̄*)

今日もこの時間までかなりの人数のお客様を鑑定しています。

18時まで30分休憩で、アメブロ書こうと思いました。

正直、私の職業は血行がメチャ悪いです。座ってばかり、しかも長時間。

これから占い師になりたいかたはそこも考えたほうが良いと思います。

私は晴れたら、とにかく歩いて普段の運動不足を解消すべく頑張っています。

余談ですが、私は昔からのCoccoファン。先日リリースのシングルも買いましたよ!

私は九州~沖縄にかけて月ラインが通っているので、九州や沖縄がとても気になるのです。

Coccoの映画も良かったです。先日DVDになっていたので早速、観ましたよ!

一番お気に入りのシーンです。



キローンは医療に関する星と言われますが、それは本当です 2010/05/22 

普天間基地の問題ですが、政治家は決定していくことが仕事ですので、ぜひ5月末の決着と言わずにしっかり頑張って頂きたいものです。

そういえば、これを書いていて2週間ほど前ですが、一宮鑑定オフィスに、政治家志望の男性が岡山からいらっしゃいましたことを思い出しました。

手相鑑定ではなく、アストロ風水鑑定にいらっしゃったお客様です。

「アストロ風水開運法」はおかげさまで売れ行き絶好調で増刷になりましたが、この本を読んで、沢山のお客様がいらっしゃいます。

 

「アストロ風水開運法」にあえて書かなかったキローンという星のラインの影響をかなり受けていらっしゃる方でした。

キローンはキロンとも呼ばれることがありますが記号はたてにk、oです。

魂レベルの癒しの星とも言われますが、医療に関する星とも言われます。

彼は中国に出張にこの5月に行くことになっていて(しかも、偶然に大吉方位で!)その場所はまさにキローンが通っている場所で、なんと医療に関することでの出張なのだそうです。

本当に不思議ですね~!

いつも手相鑑定やアストロ風水鑑定では、新しい気づきが沢山あります。

それでこの手相ブログにも鑑定の様子を書きたいなぁ~と常々思っているのですが、一日かなりの数の鑑定を行っているので

午前中に例えば4人の鑑定が特に印象に残るなぁ~と思って、これって皆さんにお伝えしたほうが良い内容!と考えるのですが・・・

結局、午後もかなりの鑑定をするので、それぞれの鑑定の印象が少し薄くなるんですよね。

それで帰宅した後に、自宅でこうやって手相ブログを書くときには、あまりにも書きたいことがあっても「これひとつ!」に絞るのが難しかったりして

今日はもう違う話題にしよう!と思って、別の話題をよく書きます。

 

 

 

さて、Coccoの新曲が届きました。ニライカナイとは沖縄でいう理想郷に近いものと解釈しています。

斬新です。Coccoも変わっていっている!私も変わっていこう。

ニュー・アルバムが待ち遠しいです。

 

 

 



スピン誌がこの25年間のベスト・アルバムを発表 1位はU2の「アクトン・ベイビー」 2010/05/15

今日は手相やアストロ風水のお話ではなく、音楽のお話をひとつ。

Yahooニュースなどで話題になっている

【スピン誌がこの25年間のベスト・アルバムを発表 1位はU2の「アクトン・ベイビー」 】

について少し語らせてください。

このスピン誌はアメリカの超有名な音楽誌でローリング・ストーン誌に匹敵する影響力があります。

抜粋します。

「スピン誌が選ぶこの25年のベスト・アルバム125枚という企画でU2の『アクトン・ベイビー』が1位に選ばれた。

要するにスピン誌が創刊された85年以来のアルバムで最大の影響力を誇るアルバムに選ばれたというわけだ。

選評では「『WAR(闘)』以来最強の即効的でダイレクトな魅力に溢れた作品で、現在までのU2の作品のなかでも、最もエモーショナルなところをあけすけに描いた楽曲を揃えた作品。

特に90年代初期の、無限に可能性が広がっているような感覚とくたくたになった絶望感が同居しているような時代の空気をよく捉えた作品」としている。

 

「“ワン”は『ぼくたちは同じではない』と認めたうえで、それでもお互いに『持ちつ持たれつ』やっていかなければならないと歌ったからこそ、欠くことの出来ない名曲となった曲。

“ザ・フライ”ではロック・スターが自分はうそつきで盗人っであることを告白するという構成と響きが大きな共感を呼ぶことに。

また、“ミステリアス・ウェイズ”ではエッジはボノのあまりにゴスペル的なボーカルを中和させていく歓喜に満ちつつも鋭いリフを編み出してみせたのだった」などなど。

U2のサイト、U2.comでは一体、『アクトン・ベイビー』のなにがそんなにいいのかという意見をブログのコメントとして募っているので、一家言ある方はご意見をどうぞ。 」

このアルバム自体は1991年リリースで私がちょうど大学1年生の秋に出ました。

早いですね~あれから25年ですか。

このアルバムのサウンドプロダクションは異常な程に素晴しく、おそらく過去のU2のアルバムの中でも最も評価されていて、「ヨシュア・トゥリー」よりも根強い人気があります。

ちょっとセールスについて振り返りたいと思います。

アルバム売上 1億7千万枚以上
Boy 世界総売り上げ400万枚
October 世界総売り上げ350万枚
War 世界総売り上げ1000万枚
Under A Blood Red Sky 世界総売り上げ1000万枚
The Unforgettable Fire 世界総売り上げ850万枚
The Joshua Tree 世界総売り上げ2850万枚
Rattle And Hum 世界総売り上げ1450万枚
Acthung Baby 世界総売り上げ1750万枚
Zooropa 世界総売り上げ750万枚
Pop 世界総売り上げ700万枚
The Best Of 1980-1990(/B-Sides) 世界総売り上げ1850万枚
The Best Of 1990-2000(/B-Sides) 世界総売り上げ750万枚
All That You Can’t Leave Behind 世界総売り上げ1200万枚
How to Dismantle an Atomic Bomb 世界総売り上げ1000万枚
U2 18 Singles 世界総売り上げ500万枚

最新作は現在600万枚程度のようです。

 

「アクトン・ベイビー」は最初、なかなか私の耳に馴染まなかった作品で、特に「ワン」は最初に聴いて受け付けず、半年間はこの曲だけは飛ばして聴いていました。

それでは何を好んで聴いていたかといえば、5曲目の「ワイルド・ホーセーズ」でした。

何かの本でこの曲は駄曲だと書かれていて、当時、ショックを受けたものです。(笑)

まぁ、それだけ、耳になじまない過去のどのアルバムにもない音楽を彼らは提供してくれたわけで、その時のツアーも今に語り継がれるものになっているのです。

結成して30年が経つこのバンド、それでも尚、今後も期待したいバンドのひとつです。

新作もなんだかまたやってくれるのではないか!と年末リリースを待ち望んでいます。

それでは、「アクトン・ベイビー」から屈指の名曲と言われ、現在も様々なシーンに起用される「ワン」をどうぞ!

 

 

なお、スピン誌が発表した125のアルバムの上位30位まではこちらです。

私は19以外、全部、持っていました。それだけアホみたいに洋楽にお金を費やしていたんですね(笑)

1 U2 – Achtung Baby
2 Prince – Sign O’ the Times
3 The Smiths – The Queen is Dead
4 Nirvana – Nevermind
5 Radiohead – OK Computer
6 Public Enemy – It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back
7 Guns N’ Roses – Appetite for Destruction
8 PJ Harvey – Rid of Me
9 Pavement – Slanted and Enchanted
10 Nine Inch Nails – The Downward Spiral
11 The Replacements – Tim
12 OutKast – Stankonia
13 Sonic Youth – Daydream Nation
14 The Beastie Boys – Paul’s Boutique
15 Husker Du – New Day Rising
16 The Pixies – Doolittle
17 De La Soul – 3 Feet High and Rising
18 The Strokes – Is This It
19 Jay-Z – The Blueprint
20 My Bloody Valentine – Loveless
21 Oasis – (What’s the Story?) Morning Glory
22 Eric B. & Rakim – Paid in Full
23 Daft Punk – Discovery
24 Metallica – Master of Puppets
25 Nas – Illmatic
26 Guided by Voices – Bee Thousand
27 Nirvana – In Utero
28 Radiohead – The Bends
29 Pavement – Crooked Rain, Crooked Rain
30 A Tribe Called Quest – The Low End Theory

 

時間がとれた時にこの話題を書こう!と思っていたので今、ちょっと肩の荷が下りましたよ(笑) 



沖縄を想う 2010/05/05

鳩山首相の沖縄訪問は予想通りの結果とはいえ、非常に難しい結果でしたね。。。

鳩山首相、いっそのこと、太平洋に「鳩山島」という人工島をつくって、そこに米軍に入ってもらうというのはどうでしょうか?

さきほど、そんなつぶやきをツイッターでしました。

http://twitter.com/tesoukamaruchan

 

私はフォローして頂ければ、全員フォロー返ししていますよ!

 

さてさて、鳩山首相、5月末までという期限では無理ですが、永遠に問題になるのであれば、基地問題を恒久的に解決できるアイディアを国民から募るということをツイッターで告知したらどうでしょうか?

そう思わず、思いました。

国民が沖縄だけの問題と思わずに、自分のことのように考えることが大事ではないでしょうか。

 

鳩山首相のツイッターはこちらです。

http://twitter.com/hatoyamayukio

 

そういえば、新垣結衣さんも沖縄出身です。鳩山首相に届かないかな。。。



「今からでも間に合うGW中の吉方位旅行!」という内容の日記を昨日更新しなかった理由とは?! 2010/05/04

昨日、この手相風水ブログ(徒然草日記)をある内容で更新しようと思ったのですが、

あることを思って更新を中止しました。(苦笑)

 

その内容とは「今からでも間に合うGW中の吉方位旅行!」というものだったのですが、

もし、私のブログを読んで慌てて、出発して頂くよりも、

 

5月6日~6月5日の年盤、月盤の同会する非常に効果が高い時に行って頂くのがよろしいかと思ったのです。

 

ということで、今から外出しますので、また、続きは明日、書きますね!

 

大好きなCoccoの動画を貼っておきます。今回は対談です。

 



1 / 612345...最後 »