TV取材の第1日目、無事終了と感謝のメールが沢山届いた日 2009/01/26

今日は2月11日(祝・水)夕刻に放映される名古屋テレビの番組の取材の第1日目でした。

午前中に一宮鑑定オフィスで4名の手相中心の鑑定。

それからインタビューの収録。

午後は大須鑑定オフィスにて4名の鑑定。

ここまでずっとビデオがまわっていました。

手相鑑定を丸ごと収録!というのは私も初めてなもので新鮮でした。

お客様もよくぞTV出演を快諾のうえでいらっしゃって頂きました!

皆さん、緊張しているかと思いきや、堂々としていましたね!

実は、収録が終わった後も大須で手相鑑定を4名も行っていましたから、12名ですか、本日の鑑定は。。。頑張りました。。。

明日も引き続き、収録です。明日は大阪です。TV出演がOKの方だけ、ビデオを回すということになっています。

さて、そんな中、たまっていたメールを受信すると、私の手相鑑定で幸せを指摘されてその通りになったというお便りが幾つか届いておりましたので紹介いたします。

 

「おなかの赤ちゃんも順調に育ってくれていて、もう5ヶ月です(^-^)v

『29才で妊娠』と聞いたのをずっと覚えていたので、マスカケ相だから1年ずれたものと

思っていたけど先日、最初にまるちゃん先生に手相をみて頂いたときの鑑定書を見直したら

『 H20 9月~11月に妊娠 』って書いてありました!

すごい大当たりです。早く見直せばよかったと思いました。」

(手相家まるちゃんより:妊娠おめでとうございます!モニター鑑定のお申し込みもありがとうございました!

 

「こないだ(11月・)まるちゃんに、誕生日前にもう一度凄く良いことが起きますよ
って言われたんですが…

起きました♪

16日に三年半つとめた派遣先(かなり大手)から正式に雇用(社員)の話がきて、私
も一度社員になってみたいと伝えました。

こんな不景気なのに…

自分の仕事ぶりが認められていることがとても嬉しかったです。

まるちゃん、また遊びに行きます。」

(手相家まるちゃん:本当に良かったですね!仕事頑張ったからこそこんな幸運があるんですね!)

 

さて、次に幸運の出来事が起こったことをお知らせ頂くのは誰になるのでしょうか。毎日、楽しみにしています。

「皆さんにあふれんばかりの幸運が降り注ぎますように!」(手相家まるちゃん)

 

 

 

 

 



心に染みる言葉 2009/01/25

大切なこと・・・

そう、人間は、そう多くのことは出来ません。 何か人様に役立つ分野があれば嬉しいですね。

あのことはAさんに任せればなんとかしてくれる!

こっちはBさんが得意だからお願いしよう!・・・。

人はその方にオールマイティな要素は求めません。

結局、1つ、優れた才能があれば世の中で生きていけるような気がします。

イチローは野球で有名です。

しかし、サラリーマンではありません。

イチローは野球で才能を発揮すれば良いのです。

何でもかんでも出来る必要は全くありませんよね。

学生時代は満遍なく勉強していく必要があったのですが社会ではそこまでの必要はないし求められない。

やはり、何か1つ、極める

これが一番、成功する秘訣ではないでしょうか?

私はロックバンドのU2が好きです。
そのボーカルのボノはこう言っています。

「俺たち、今じゃ豪邸に住んでいるし、何でも手に入る。
一般の人たちが心配することを心配しなくても良いのはありがたい事で・・・。

でもこれだけはやってはいけないことがあるんだ。

それは、つまらない音楽をやること。

面白くない音楽。刺激のない音楽。

でも俺たちは、お互い励ましあって、つまらない音楽を
作らずに、みんなの約束を守ってきたと思うよ」

心にしみる言葉です。

私も一緒です。

つまらない鑑定をしたり、つまらないことを言っていてはいけないわけです。

ですから、絶えず、成長に心を配り、皆さんと一緒に明るく元気に鑑定を続けたいと思っているのです。

そう、鑑定を通じて、思っています。



雪降る名古屋 朝から夜まで驚きっぱなしの手相鑑定になる 2009/01/24 

本日の手相鑑定は背中に寒いものが走った!と思ったら窓越しから雪・雪・雪!久々の名古屋の雪でした。

驚いたのは最近、テレビづいているのですが最初の方はテレビ局の方でした。

またまた、驚いたのは、私の中で長らくそのお名前を知っていて、メールのやり取りをしていて、「何の占いがよろしいでしょうか?」とありましたある女性。でっきり何度も私の手相占いにいらっしゃっていたと思い、「それでは今回はホロスコープ鑑定にしましょう!」と言っていたんですね。

それで今日、お会いすると、あれあれ一度も会っていないような。。。でも、絶対に会ったことがある感覚が一方である。。。それで、鑑定が始まったら、やはり鑑定は初めてとのこと。

僕ももうろくしたなぁ・・・と思わず笑えてきたのですが、途中で、手相も少し見ることになって、いざみると見事な知能線で、感動してしまいまして「今、何をやっていますか?」とお訊ねしましたら、ある職種でした。

「えっ?!」(もしかして、私の前職の会社?!)と思い、確認してみたら、やはり同じ会社でした!

「まるちゃん先生に会社に入る前に説明会で説明を受けました!」とのこと!

(私は前職で新卒採用もやっていました)いやぁ、ビックリしました。

どうりで名前を覚えていたはずだと合点がいきました。「まるちゃん先生と会社に入る前にメールも何度かやりとりしました。。。」

驚きましたが、長年、鑑定をやっているとこういうこともあるんですね。

しかし、実際、大変良い会社(上場企業)でしたので、現在は1500名以上の業界でも屈指の企業に成長していますし、あんなに素晴らしい知能線を持つ社員がいる会社であったことは、私自身の誇りでもあります。

しかし、お互い、途中で汗が噴き出るような鑑定になりました。焦りました!(笑)でも、本当に数年で見違えるほど素晴らしい女性になっていました。一生懸命働くって素敵です。当時、人事担当であった私もむしょうに感激しました。

余談ですが、私は前職では相当、無料で社員の手相を見ました。

懐かしさ半分、迷惑をかけずに会社から独立できたことへの感謝といろいろと思うことがあります。

多くの社員がいて、私も青春の日々でしたが、特に社長には生きざまなど多くのことを学ばせてもらいました。

社長、僕も社長のおっしゃった「日経、よく読む」実践し続けてますよ!(私のTV放映のことも社長に早くメールしないとな・・・汗)



中澤弘幸さんの講演会 2009/01/21

本日は東京から何人もの方が手相鑑定にいらっしゃいました。

昨年10月から12月まで渋谷で鑑定を行った時に、いらっしゃった方も含まれていて「わざわざ、名古屋にいらっしゃったのですか・・・」と私は驚きました。

今日は驚くことが多くあった日でした。TV局の方とお話させて頂いて、2月に出演することになりました。

私としては普段の皆さんの未来を明るくする鑑定を続けるだけですが、中には一生懸命、私のこのつたないHPを毎日ご覧になっている方もいらっしゃるんだな・・・と、身が引き締まる日でもありました。(TV局の方が、しっかり私のHPをご覧で、内容もよく覚えていらっしゃるのでビックリしました)

さて、昨日、金山のホテルグランコートにて煎茶道黄檗売茶流家元の中澤弘幸さんの講演会を聴く機会に恵まれました。

[黄檗売茶流(おうばくばいさりゅう)]17世紀中頃に中国明時代の高僧隠元禅師が伝えた禅宗:黄檗宗。
仏教の中で日本に三派ある禅宗のうち、この黄檗宗の流れを汲むお茶の流派。
開祖は黄檗宗の僧侶:高遊外売茶翁。

講演の内容は日本の文化の素晴らしさをあらゆる面から指摘するもので、「昔から日本には床の間という素晴らしい文化があり、日本人は、そこで四季など様々なものを表現してきた。 この文化は、日本人特有の美意識という考え方を育んできたが、最近はその美意識が薄れてきている。
  」と、日本の文化レベルの高さを紹介されていました。

私が感動したのは、日本人の優秀さは「縄文時代の混血にある」と喝破されていたことです。

日本人の味覚、聴覚、美意識など何をとっても、世界一のレベルであるのは、この混血が持たさしているという説は今までも何度か書籍などで読みました。

確かに、混血があまり進まなかった漢民族はみんな漢民族の顔をしていますが日本人は、いろいろな民族の「顔」があるように思えます。

混血は進めば進むほど、優秀なDNAを残します。

縄文時代は私たちが思っている以上にグローバルな時代だったのでしょう。日本人はその末裔ですから、才能がある!とあらゆる事例をあげて説明する姿に感銘を受けました。

近代ではヨーロッパの画家が日本の浮世絵のレベルの高さに感動し、ゴージャンなどは「日本人の目になりたい」と書き残しているそうです。

日本人の感性がどれほど優秀かについては、世の中に多くの書籍が出ているので、ここで私があえてお話することもないのですが、音楽の世界でも、「J-POP」は世界で最も注目されている日本の文化ですし、様々なアーティストが日本の感性を取り込もうとしているのです。

この100年に一度の情勢と言われる中、受け身だけでなく、自らが変わっていくことをしない限り、この国の現状打破は難しいかもしれません。

それでも、日本人には優れた感性があります。その感性を毎日の日々にうずもれることなく発揮していく方が、少しでも現れれば、少しづつではあっても、この国の形が、また世界が変わりはじめると感じます。

私も鑑定は鑑定で一生懸命、頑張りますが、その他の分野でも今から10年かけて才能を創っていきたいと決意するこの1月でした。



講演会で吸収する日々! 2009/01/20

今日は金山のグランコートホテルで講演会を聴いてきました。手相鑑定の合間をぬって、最近はいろいろなところに出掛けています。

講演会のお話も皆さんにシェアしたいと思っておりますが、明日にします。

明日は一宮鑑定オフィスでテレビ局の方との打ち合わせ~手相鑑定&西洋占星術、それから定例の大須鑑定オフィスでの鑑定と、とても忙しいです!

今日はとっても短いですが、このあたりで、明日の準備をさせて下さい。

それでは、また明日!



今、違って見えるモノがある~Come Back to Me 2009/01/08

 

 

Utada(宇多田ヒカル)の新曲、皆さん、聴きましたか?「Come Back to Me」 2004年9月のデビュー・アルバム「エキソドス」以来の新曲は、Utada節健在でした。

さて、「手相家まるちゃん」の名称の出発点は前職で、上司が私のことを、「まるちゃん」と呼んだところから始まっています。その上司から、先日、年賀状を頂いて、会社を辞めたのに本当に有難いなぁ・・・と感謝しました。

そういえば、先日、会社の前を通った時に、ふと「あれ、こんな建物あったかな?」とある病院の存在に気が付きました。

非常に古い建物と一目で分かりましたから、会社勤務の時には何年も通っていたのに全く気がつかなかったことになります。正直、恥ずかしくなりました。(汗)

その当時、気持ちに余裕がなかったのかな・・・なんていろいろと考えたりしました。

最近、いろいろと見えてきて、(霊じゃないですよ!)、今が心に余裕があるのかもしれないと自覚してきました。

そのせいか手相鑑定でもアストロ風水鑑定でも西洋占星術鑑定でも、張りつめた雰囲気では鑑定していないんです。以前はどこか肩に力が入っていたように思います。

現在の鑑定はお客様と一緒に幸運探しをしているような感覚に近いかもしれません。

今日どうしてこういうお話を書いたかといえば、コピーライターで活躍されている方が初の大須店来訪で鑑定でしたが、彼女は本当に穏やかな表情になっていて、以前のようなどこか力が入っているような雰囲気が一蹴されていたのです。

同じ人物なのに、まるで別人でした(もちろん、良い意味でですよ☆)

私も最近、「以前より若返りましたね!」とか言われるようになって、いろいろと考えますね。

最近、創作意欲が非常に湧いてきて、幾つもサイトを立ち上げるところまでこぎつけました。集中力という名の女神はそう簡単に降りてきませんが、時々、そういう瞬間があって、一気にやり遂げるのです。

今月もそうですが来月に皆さんにも喜んでもらえるビッグ・ニュースを温めています。2月1日の雑誌掲載を皮切りに、機会に恵まれました。

それでは、また明日、この日記でお会いしましょう。



旅行線の発達が職業に影響することもある 2009/01/07

昨日は旅行線つながりのシンクロが多くあった一日でした。

午前中の最初のお客様が御年70歳ですがお若い女性でした。

年に一度の旅行が楽しみで楽しみで仕方がない!とおっしゃるので生命線を凝視すると、旅行線が本当にはっきり入っていました。それもそのはずですね。

私は昨年、旅行代理店の親睦会に2日間参加する機会を頂き、2日間で確か38名ほどの鑑定を行いました。その時に、旅行線だらけ・・・!の鑑定を味わって、本当に驚いたものです。

旅行線がある方は、旅行業にもピッタリという実例を体験できたのです。

(なお、旅行線が生命線の手首近くにある方は、じっとしているとストレスをためやすい気質ですので、気分転換を多めにされたりすると良いです。また、吉方位旅行へ行くと、とても開運が早い方が多いです。)

午後からは、メキシコ在住の方(この方は一時帰国の時には必ず私の鑑定を受けに来てくれます)手相鑑定(通信)したりしました。電話越しの声も非常にクリアーで、隣町にでもいるような臨場感でした。

思わぬところからアストロ風水鑑定をすることになり、拝見しましたら、なんとメキシコに木星ラインと金星ラインそれから土星ラインがあるではないですか!

実は、木星ラインと金星ラインが交わるところに行くと「玉の輿に乗れます」ので、現在お住まいのところから少し離れた場所への旅行をお勧めしました。

また、海外の商品に関するアドバイスを友人にしたりと、とにかく海外や旅行がキーワードの一日でした。

さあ、今日、明日は何が起こるのか、ワクワクの毎日を過ごすことができるのは本当に幸せだと思います。

今でも幸せですが、ちょっと自分に無理して、自分の才能や才覚を伸ばしていく苦労は買ってでもしていきたいと思って、実践する毎日です。

幸せ過ぎると、私はダメになるのを自分で分かっているからです。

皆さん全員にこういう生き方を勧められるかというと、またそれは別問題ですが、毎日少しづつでも、ちょっと大変だなぁ~と壁にぶつかっていけるような環境に身をおいて頑張るのもひとつの生き方のような気がします。

さあ、また、明日、目が覚めたらどんな一日が待っているんだろう・・・。

いつになっても夢とかロマンとか、青臭いものを抱えていきたいものです。

なお、久々に「お気に入り」ページを最新に更新しました。占いに関するリンクも以前に比べると増えました。今回は特に東京都内の西洋占星術の方がお勧めですよ!



2009年の手相鑑定がスタートしました 2009/01/04

本日から手相鑑定がスタート!11時から18時過ぎまで休憩なしのノン・ストップで手相中心に拝見しました。

私の場合、西洋占星術もそうですが、手相を本格的に学び始めた19歳頃から、多くの占術に興味を覚えて、一通りやってきました。ですから、年季という意味では18年ほどになります。

その間、有名人の命式や友人、知人の命式などをずっと拝見してきて、長くみてきた分、オリジナルの味が出てきていると思います。

以前も書いたことがありますが、修行期間は長ければ長いほど、その後で世の中に出ても、長く活躍できることを若いころに古典で学んで、自分は一時の消耗品のような占い師には絶対にならない!と心に誓って、ここまでやってきましたのです。

さて、うんちくはここまでにしましょう。年末年始はたっぷり充電出来ましたが、今頃になって筋肉痛でなかなか大変です。というのも、年末年始はずっとサッカーをやっていたからです。もう、足がボロボロです(笑)ちょっとスポーツをやり過ぎたかな~と反省モードです。

といいつつ自宅ではwiiフィットで、ますます筋肉を刺激中です。目指せ!ベスト体重!(笑)

(鑑定で沢山しゃべるのですが、しゃべるだけではカロリーは思ったほど減らないのです・・・)



たった一人の人間だけど、それが尊い 2008/12/26

今日が仕事納めの方も結構いらっしゃいまして、かけこみで手相鑑定をする一日になりました。

昨日でしたか男性もいらっしゃるので、「あれ?」と思ったら、教員なんですよね。確かに子供たちは冬休みに入りましたから、手相見にくるんですね。

今、ちょうど鑑定の合間に日記、書いています。20時過ぎから、大須の合点承知ビルの占いをされている方数人で、忘年会です。

「もう、忘年会の季節かぁ~」と季節感がなくなった名古屋の空を見て、つぶやきました。

それにしても今年は世の中もプライベートでも結構いろいろありました。

まさかこんなふうに世の中の景気が傾くとはホロスコープ以外では知り得なかったですし、年始の石油の問題から現在のトヨタ・ショックに至るまで、世界はやっぱりひとつなんだと思わざるを得ません。

プライベートでは、10月に、あっさり独立してしまいましたが、なんだか皆さんに背中を押されているみたいで、おかげさまで毎日、元気に過ごすことが出来ています。有難う!

毎日、多くの皆さんと会って、話して、様々なことを知ります。

数日前に、Coccoの映画「大丈夫であるように」を見て、いろんなことを考えました。沖縄のこと、青森のこと。。。

印象的だったのは、Coccoが青森のファンからの一通の手紙がきっかけで、青森の六ヶ所村の核関連施設に行ったシーンです。

私の故郷も六ヶ所村からそう離れたところではありませんから、自分のことのように思えて、ジーンンときましたね。

私の故郷は十和田湖の近くで、国立公園にもなっていて、観光の街ですから、幸いにして核関連施設を誘致しなくても、生きていくだけの資源があって、それを頼りにみんな暮らしている。

だけど、何か新しいことをしようと思うと、ふるさとを離れないと、なかなか活動できなかったりする一面もあって、私も若いころは自分の進路についてよく悩んだものです。

大学4年生の就職活動のときも自分が何をして良いのか分からずに、悩んで、確か古典を一冊、持ってきて「えいや!」と開いたページに「これ以上、教えることはない」という言葉があって、

「ああ、そうか。本当はいろいろと周囲の人が僕に教えてくれているんだけど、受け取り手の自分が器が小さいばかりに分からないんだな」と悟りました。

それからは、あまり焦らずに、今の自分にベストでありさえすれば、自ずから、進むべき道が出来てくるのではないか・・・と思えるようになったんですね。

長い間のビジネスマン生活から、鑑定漬けの生活に変わったわけですが、人間が変わったわけでもなく、以前と同じような起床時刻で、以前と同じように朝、子供と一緒にお風呂に入って、送り出して事務所に向かう。

平凡であっても日々、新たに起こりうる出来事に夢を見出して、楽しみながら生きていこうと、Coccoの映画を見て、深く思いました。

また、たった一人の歌い手を撮影した監督が、撮影しながらボロボロと泣いてしまったと手記にありまして、監督の気持ちが分かったような気がしました。

たった一人の歌い手、たった一人の人間。

考えてみたら、ちっぽけな存在かもしれない。でも、そのたった一人が多くの人を感動させたり、導いたりすることも出来る。

私もたった一人の人間だけど、私が出来ることは、少しづつでもやり遂げていこうと思いました。

なんだか小学生の反省文みたいですけど、今日はそんな気持ちの一日でした。



東京より大事なお客様がいらっしゃいました 2008/12/07

本日は東京より大事なお客様が一宮鑑定オフィスにいらっしゃいました。家族愛について深々と考えさせられた一日でした。そして、私の仕事の面では大きな転機を迎えました。(詳細は後日、報告いたしますね!)

この方は北海道に縁が深い方で、本日で3日連続、北海道ずくしの手相家まるちゃんです。

うーん、ここまでシンクロが続くと正直、驚きますね!

さて、昨日、北海道にいずれ帰りたいというカップルのお話を少しだけしましたが、早速、手相鑑定のお礼のメールを頂きましたので紹介いたします。

(毎日、沢山、お客様から鑑定のご感想を頂くのに、なかなか紹介する時間がとれないのが、私の目下の悩みです。これから、頑張ってアップしないと・・・汗!)

「昨日お世話になったSです。

いろいろ貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

 

手相で、あんなぴったりと性格がわかるものなのですね。

二人の長所をたくさんおしえていただいたので、

それを信じて、前向きにがんばろうと思うことができました。

少しだけ、不安が和らいだように思います。

 

また、企業の情報もおしえていただき、彼は、大変有益な情報をいただいたと喜んでいました。

 

いずれ、北海道に帰ることは決めているので、

また相談させていただきたいと思います。

どうもありがとうございました。」

 



12 / 14« 先頭...1011121314