神秘十字線

必ず何があっても助けられる大吉相の線です。

神秘十字線は、知能線の上に出た運命線に感情線からの支線が合流して出来るケースが多いです。

知能線の下で、運命線に障害線が入った形で十字に見えることがありますが、これは神秘十字ではないので注意が必要です。

この形を持つ方は非常に信心深い。

また家代々、徳のある家系に出やすいのです。九死に一生を得るのもこの形状の方です。

神秘十字を持っている方は徳が高く、何があっても必ず助かるという信じられない程の吉相なのです。

【ケース1】

その中でも不思議なエピソードがありましたのでSさんの例でお話をしましょう。

鑑定中にSさんに「この年に何かありましたでしょう?」と聞いたら、案の定、「神戸に住んでいて、阪神大震災に・・・」と言い始めました。

その方は神戸に住んでいたのですが、たまたま阪神・淡路大震災の前日に東京に出張がありました。

それで夜遅くなったので、そのままその東京で宿泊するように変更したそうです。

普段は早く仕事が終われば、当然、神戸に日帰りで帰宅するのというのに・・・。

そして、翌日の朝、上司から電話が入って相当慌てた声で「なんともないかぁ~?!」と!

「えっ?!なんともないですが」とご本人。突然の上司の電話にキョトンとしたそうです。

「今、テレビつくか?」と上司が続けます。

それで言われるがままに慌ててTVをつけると、あの大地震のニュースが報道されているではありませんか!!

彼女は仕事のお陰で、震災に遭わずに済んだのです!

凄い!これこそ神秘十字の典型的な救われ方です。


Sさんのようにみなさんの手に「神秘十字」はありますか?


【ケース2】

「東京マラソンで意識を失った松村さんは「神秘十字線」の持ち主!」 


みなさん、ご存知でしたか?

東京マラソンで意識を失った松村さんは「神秘十字線」の持ち主だったことを!

3月22日の東京マラソンに参加していたタレントの松村邦洋さん(41)が意識を失い、病院に搬送されて、6分間もの間、心肺停止状態でその後も長らく静養されていました。

松村さんはスタート地点から14・7キロの港区高輪2丁目付近で、突然倒れてしまいました。

松村さんの所属事務所のホームページによりますと、松村さんは身長164センチで体重は128キロ。

前回のの東京マラソンでは、35キロ地点で制限時間の5時間半を超え失格となっっていましたが、リベンジということで昨年7月にオーストラリアで行われた「ゴールド・コーストマラソン2008」では、制限時間内の6時間51分40秒で完走し、初めて公式記録に名前を刻みました。

松村さんは凄いクッキリ、ハッキリの神秘十字線を持っていらっしゃるそうです。

奇跡的に復帰されましたが、その陰にはこの「神秘十字線」があったのです。

(神秘十字線は、強運の手相を意味します) 


【ケース3】

取材で野球解説者で元巨人の角さんがいらっしゃって、いろいろとお話しした折に、手相も拝見しました。 

素晴らしい神秘十字線と人気運命線・・・! 

ためいきが出るほど良い手相でした。 

ある意味、絶体絶命の大ピンチにいつもリリーフで出てきて、ピシャリ後続を断った名投手の所以が「神秘十字線」なのかもしれません。


幸いといいますか偶然ですが、私も角さんと同じく神秘十字線と人気運命線を持っていますが、怠りがあると手相も悪く変わるので、そうならないように

切磋琢磨の毎日で行きたいと思います。

 

もっと詳しく生命線を知りたい方はこちらをお読み頂ければ幸いです。

<成功と幸せを呼びこむ手相力

ご購入はこちらから


また、手相の知識が毎日深まる開運メールマガジンもぜひご登録頂ければ幸いです。

まぐまぐ様から発行の殿堂メルマガです。みなさんの開運のために毎日配信しています!

メルマガ購読・解除